Udemy

Udemyで学べるPMP試験対策、評判は?内容は?費用は?

Udemyは、とても評判のいいオンライン学習です。一度、Udemyの体験をしてみようという方々も多くいらっしゃることでしょう。

また、最近、高いニーズが存在しているのがPMPです。Udemyで講座を受けようという方々が、急増しています。

今回は、UdemyだけでなくPMP試験に対してクローズアップして解説します。

是非、最後までお読みください。

PMP試験とは

そもそも、PMP試験とはなんなのでしょうか。

現在、PMP試験に注目している方々はとても多いです。就職活動、転職にもPMPの資格取を取得していることでより有利に進めていくことができます。

ただし、現在、PMP試験のことが全然わからないという方々も多くいらっしゃることでしょう。その方々のため解説をします。

PMPとは、Project Management Professionalを略した言葉です。

Project Management Professionalとは、
簡単に言えば、「プロジェクトマネジメントのプロフェッショナル」であることを証明してくれるための資格取得です。
Project Management Professionalは、アメリカのプロジェクトマネジメント協会の PMIが、PMBOKガイドに従って認定をしている国際的にも通用する資格取得です。

Project Management Professionalでは、プロジェクトマネジメントのノウハウや経験値を積むことができますし、マネジメントに対してどう向きあっていけばいいかなど、実務的学び体験もすることができます。

Project Management Professionalは、商標登録された資格取得です。また、Project Management Professionalの資格取得は、一度取得すれば、ずっと効力を発揮するものではなく、3年ごと更新も必要となります。

PMPのメリット

PMPの資格取得は、現代社会において、様々なメリットがあります。なんとなくPMPについて知っているという方々もいらっしゃるでしょうけど、PMP試験と向きあう気持ちを持つことで、また資格を持つことで、しっかりとキャリアを積むことができます。

PMPのメリットは、プロジェクトマネジメントのノウハウを学ぶことができることです。プロジェクトとは……、期日があらかじめ決定されているビジネス全般のことを言います。プロジェクトマネジメントは、実際に業務を行うという立場ではなく、プロジェクトの進行を管理する立場のことです。

プロジェクトマネジメントのお仕事は、プロジェクトを立ち上げることからスタートして、最後まで一貫性をもち、管理することです。

プロジェクトに対して、どのような計画性が必要なのか、どのような方法で目的達成まで導くことができるのかまでを行い、企業で社員たちが仕事をしていく内容をプロジェクトマネジメントで操作していきます。

PMP試験は、個人のスキルアップのためにも役立つ資格取得です。PMPでは、実務でなかなか学ぶことができないプロジェクトマネジメントについて学ぶことができ、ビジネスを総括的に理解することができるようにもなるでしょう。

PMPの資格取得では、PMBOKの学習も必要不可欠です。PMBOKとは、Management Body of Knowledgeを略したものです。Management Body of Knowledgeは、プロジェクトマネジメントに関してのノウハウ・スキルなどが体系化された書籍のことを言います。

Management Body of Knowledgeには、世界じゅうの方々が体験しているプロジェクトマネジメントの事例が、掲載されてあります。

果たして、そのようなものは必要ないものでしょうか。それは、間近のお仕事とは無関係とおっしゃる方々もいるでしょうけど、学ばないよりは学んだ方が確実にビジネスの勝率はアップさせることができます。

PMPを学ぶことで、キャリアアップにもつなげることができます。現在、プロジェクトマネジメントのニーズは非常に高まっているのですが、一方でプロジェクトマネジャーは、まだまだ全然不足している状態です。JCSSAの景気動向調査においても、プロジェクトマネジャー系の人材が不足していると回答して企業は、56%あたりもいます。いま、PMPの資格取得によって、間違いなく転職活動などを有利に進めていくことができます。

そして、キャリアアップにも役立つ資格取得です。実際に、PMPの資格取得によって、給料も二割程度アップしているケースがあります。アメリカでは特にそのような傾向が強くあります。アメリカのニーズは、すぐに日本でも起こってくるでしょう。

PMPのデメリット

PMP試験って、本当にそんなに価値が存在しているの?と思っている人たちもいるのではないでしょうか。価値がないと判断出来る資格取得なんて、忙しい中取得する意味がありませんし、実際にPMP試験ってどうなの?という意見はあります。

お仕事を表面的にとらえて向きあっている方々には、PMPは無用の長物なのかもしれません。

PMP試験はどのような人に向いているのか

PMPは、企業の全体像をつかみたいと思っている方々に学んでいただきたい資格取得です。

何よりも企業でも、PMPを注目しているため、PMPの資格を取得していない方々よりも資格取得している方々を優先して採用する可能性も充分あります。

転職を現在考えているという方々も現在いらっしゃるでしょう。そのような人たちは、より自分自身に対して、強みとなるものを見つけていかなければなりません。

転職を機会として、Udemyのオンライン学習サービスで、PMPについて学ばれる方々もとても多いです。

PMP試験の勉強時間と勉強法について

PMP試験のため、どのような試験対策を考えていかなければならないのでしょうか。もちろん、しなければならないのは効率のいい勉強法です。

まず、はじめての方々がしなければならないのは、基礎をしっかり固めることです。

基礎をしっかり固めていない方々は、その上に積み重なっていく応用には太刀打ち出来なくなってしまうでしょう。基礎固めのために、Udemyというオンライン学習サービスを利用するというのもいい方法です。

Udemyなら、コツコツとあなたのスキマ時間を使ってマイペースで学ぶことができます。

まずは、PMPが何か知ること、&関心を持つことが大事です。楽しみながら学ぶことができるといいですよね。

PMPは、参考書でも勉強はすることができます。参考書で学ぶこともおすすめの方法ですが、いちいち本屋に行かないでもUdemyのオンライン学習サービスならすぐに学ぶことができます。

基礎を固めることができたら、次は、本番としっかり向きあうことがでるように、様々な問題集で勉強をしていきます。

PMP資格取得の流れですが、PMIサイトでアカウントを作成、PMIサイトにおいて職務履歴などの申請書を作ります。

そして、PMIサイトでPM研修を35時間受講する必要があります。

また、PMIが申請書の内容の完成度をレビューします。

受験料支払いメールをチェックし、申込み内容書でID、有効期限を確認して、試験を予約してください。

試験に合格することができれば、3年という期間のあいだに、60PDUを取得、そして、PMIサイトにログインし、登録を完了します。

PMP試験の取得にかかる費用にはどんなものがあるか

PMP試験の費用は、PMI会員or非会員で違ってきます。PMI会員なら405$(再受験:275$)、一般であれば555$(再受験:375$)です。
会員の人たちの方が比較してリーズナブル料金で受けることができます。

公式参考書の費用もPMI日本支部会員に対しては8,000円かかります。法人スポンサーであれば9,000円、一般は12,000円となります。

研修にかかる費用は受講の方法によって開きがありますが、だいたい目安としては20,000~50,000円あたりです。

また、PMIの会員になるために会員費が必要です。本部の入会費に10$を支払いし、本部の年会費が129$、支部の年会費が50$かかります。

受験料はPMI会員ならば405$を支払いし、一般なら555$です。

PMP資格取得は、有効期間であったら3回まで同じIDで受験することができるシステムを採用しているため、再度受験の費用もあらかじめ設定されています。もう一度受験する場合、PMI会員の場合275$、一般は375$です。

資格取得したあとも、PMI会員になった場合には本部の年会費は129$、また、支部の年会費が50$かかります。入会費もあり、そちらは10$かかります。

またPMP試験合格後も、3年ごとに資格の更新をしなければいけません。その更新にもお金がかかります。PMI会員は60$、一般は150$かかることになります。

PMP試験の35時間の研修とは

PMP資格取得は、PMIサイトでアカウントを作り、職務履歴などの申請書を作った後、PMIサイトでPM研修を35時間受講する必要があります。

その時間で、R.E.P.(PMI認定教育プロバイダー)の研修だったり、PMI認定教育研修主催のプログラム、また、大学の教育プログラム、企業の研修プログラム、更に、e-learningなどR.E.P.以外の研修会社、またコンサルタントが行うプログラムについてを学びます。

それらを申請する日まで勉強して終了する必要があります。

Udemyで評判のPMP講座

PMP試験のため、Udemyのオンライン学習サービスもおすすめ出来る方法です。

Udemyでは、パソコンからでも、スマートフォンでもオンラインの講義を受けることができますので、忙しい方々も電車の中などスキマ時間を使って有効的に学ぶことができます。

Udemyのオンライン学習サービスはて本屋で参考書を購入するよりも気軽なまモチベーションでスタートすることができる方法です。

中でもおすすめは、「PMP®認定試験」で一発合格を目指す! 効率的な試験対策のための戦略コース (2020)です。

いきなりUdemyのオンライン学習サービスを使用することも相当ハードルは高いと思ってしまうことなのかもしれません。Udemyでは、そのような方々のため30日間の返金保証もありますので、もっと気軽に受けてみようという気持ちを持っていいのだと思います。

Udemyで学べるPMP試験対策の評判まとめ

いかがでしょうか。現在、とてもニーズが高いのが、PMPの資格取得です。短期でPMPを学ぶ方法は、いろいろありますが、Udemyのオンライン学習サービスも有効的なPMP試験対策と見ていいでしょう。

はじめてPMPを学びたいと思っている、PMPの資格を取得したいという方々は、是非、Udemyというオンライン学習サービスにも注目してみましょう!