Udemy

【徹底比較】Udemyの類似サイト、類似サービスとの違い

パソコン時短

Schoo(スクー)のメリット・デメリット

<特徴>
他のオンラインスクールと違い、「参加型生放送講義」を受講することができる

<メリット>
・講義数の種類が多いので幅広い人が理解できる
・リアルタイムで受講できることによって、他の受講生と一緒にモチベーションを維持しやすい(チャット交流ができるなど)
・講義中に疑問が出たらその講義内で講師に質問できる

<デメリット>
・講義数が豊富なため、自分に合った授業が見つけにくい
・参加型講義のため、自分のペースで進めづらい
・他のオンラインスクールと比べて、授業が長め
・生放送に参加するには条件がある(実名や顔写真など)

<向いている人>
・初心者の方
初心者向けコンテンツが多く、講義数が多いため様々な角度から理解できる
・周りと一緒に進めたい方
参加型なので自分のペースで進めたい方より、チャット機能や講義内の質問などを通して周りと交流していきたい方

Progateのメリット・デメリット

<特徴>
初心者がすぐに実践できる

<メリット>
・スライドでわかりやすい
・アウトプットがすぐできる
・ゲーム感覚で楽しくできる
・環境構築が不要

<デメリット>
・初心者向きコンテンツが多い
・環境構築や実務スキルがつかない
・すぐに質問できない

<向いている人>
・プログラミングにとりあえず触れてみたい方
初心者が初めにつまづきやすい環境構築不要で、スライド形式でわかりやすい
・アウトプット重視したい方
プログラミングは実践でより理解が深まり、インプットしてすぐアウトプットできるスライドがある

ドットインストールのメリット・デメリット

<特徴>
一本あたりの講義動画が3分以内であること

<メリット>
・無料で初級レベルまでは学べる
・隙間時間で学べる
・環境構築から学べる

<デメリット>
・ある程度の前提知識がある程で講義が進む
・質問がすぐにできない

<向いている人>
・隙間時間を有効活用して意欲的に取り組みたい方
環境構築を自ら行うことやある程度の前提知識が必要。がっつり取り組みたい方は3分の講義動画に物足りなさを感じるかもしれません。

ストアカのメリット・デメリット

<特徴>
ワンコインから学べるスキルシェアサービス

<メリット>
・対面でもオンラインでもどちらでも選べる(新型コロナウイルスの影響でオンライン推奨)
・500円から受講できる
・単発から学べる
・多くの講師が登録していて講義が豊富
・評価制度があるのでしっかりとした講座選びができる

<デメリット>
・個人がだれでも講師に登録できるのでサービスの質にムラがある

<向いている人>
・講師の方から直接学びたい方
他のサービスと違い、個人間のスキルシェアサービスなのでマンツーマンで学べる
・気軽に学びたい方
登録無料で単発500円から受講できる。また「急遽予定が空いた!」なんて時にも気軽に申し込みができる

VOOKのメリット・デメリット

<特徴>
他のオンラインコンテンツよりレベルがかなり高い本格オンライン映像コンテンツ

<メリット>
・クオリティの高い詳細情報まで教えてくれる
・映像クリエイターのコミュニティができる
・月額約1,700円でコンテンツ見放題
・信頼性の高い登録審査制のコンテンツ

<デメリット>
・サロンなどと比べるとオフラインでの仲間は作りにくい

<向いている人>
・遊びの映像ではなく、映像を仕事にしたい方
より本格的に映像を学びたい向け。

TRUNKのメリット・デメリット

<特徴>
企業が主催する勉強会とオンライン学習を通じて就職までをトータルサポートがある

<メリット>
・無料で学びながら内定までサポートがある
・イベントがあり、仲間との出会いの場がある

<向いている人>
・オンラインコンテンツのみならず、企業の勉強会にも参加したい人

aidemyのメリット・デメリット

<特徴>
完全オンライン完結のAI(人工知能)学習サービス

<メリット>
・コンテンツの質が高い
・現役のデータサイエンティストのすぐ質問できる
大手企業や有名大学で導入されており、監修者の加藤真平准教授も優秀な研究者で信頼性も高い

<デメリット>
・料金他のサービスと比べて少し高め

<向いている人>
・本気でAI(人工知能)を学びたい方
学習を進めていくと難易度はかなり高くなります。

TECH ACADEMYのメリット・デメリット

<特徴>
現役エンジニアメンターの徹底サポート

<メリット>
・コースの種類が豊富
・1か月から受講できるので、気軽に始まられる
・他のサービスに比べて、低価格でコストパフォーマンスが良い

<デメリット>
・様々なコースがあり、選び方が難しい
・就職サポートがほとんどない
・メンターによってサービスの質が変わる

<向いている人>
・転職支援が必要ない方
副業やフリーランスの方にはおすすめ、または自分で転職活動をする方
・積極的に質問やサービス活用ができる方
完全オンライン完結でメンターの手厚いサポートがあるので自分からから活用する姿勢があると向いているかもしれません

JMOOCのメリット・デメリット

<JMOOCとは?>
MOOC(Massive Open Online Course)は大学や高等教育で行われている講座をオンラインで公開している機関です。日本語では「ムーク」と呼ばれ、最近ではフリーランスやリモートワークなどでオンラインの環境が整備され、より注目されてきています。
JMOOCは主に
・Fisdom
・OUJ MOOC
・OpenLearning,Japan
・gacco(ガッコ)
4つのプラットフォームのコンテンツを提供しています

<JMOOCのメリット>
・基本的に無料で受講できる
・オンラインなので場所・時間が自由
・修了証を取得できる

<JMOOCのデメリット>
・基本無料であるため、モチベーションの維持が必要

<JMOOCに向いている方>
仕事をしている人などが多く、隙間時間で受講する方が多いので、モチベーションを自分で維持できる方

さらに4つのプラットフォームの詳細は下記に。

Fisdom(JMOOC)のメリット・デメリット

<特徴>
JMOOCが提供するMOOC4つのうちの1つで、富士通株式会社が提供するITや理数系のコンテンツが強い

<メリット>
・ITや理数系をメインに学べる
・大学教授のみならず、企業・団体のコンテンツがある

<向いている人>
・ITや理数系をメインに学びたい方
IT企業が提供する質の高いコンテンツがある。

OUJ MOOC(JMOOC)のメリット・デメリット

<特徴>
JMOOCが提供するMOOC4つのうちの1つで、インターネットやラジオ、テレビなど様々なメディアで配信している放送大学が提供するコンテンツ

<メリット>
・実際の放送大学の講義を受けることができる

OpenLearning,Japan(JMOOC)のメリット・デメリット

<特徴>
JMOOCが提供するMOOC4つのうちの1つで、株式会社ネットラーニングが提供する九州大学や同志社大学などの大学教授の講義がある

<メリット>
・有名大学教授の講義を無料で受けることができる
・講義以外のコンテンツも利用できる
デイスカッション・アンケート・相互採点など

gacco(ガッコ)のメリット・デメリット

<特徴>
JMOOCが提供するMOOC4つのうちの1つで、株式会社ドコモgaccoが提供する大学で学んでいるような充実した教育体制

<メリット>
・無料で学べる
・掲示板の活用で理解が深まる
・課題等のアウトプットする機会がある

<デメリット>
・専門分野の導入部分までしか学べない
・講義動画の公開期限がある

<向いている人>
・無料で専門分野を学びたい方
無料で現役大学教育者の講義を学べる
・様々な教育体制を活用したい方
掲示板で受講生と議論したり、大学講義のようにレポート・クイズなど課題がある

Udemyの類似サイト、類似サービスのまとめ

今回、Udemyとの類似サービスを徹底比較しました。オンライン学習が盛んになってきた昨今では多くのサービスが出てきています。これだけあるとどのサービスを選べばいいか迷いますよね。徹底比較した結果、学習サービスを選ぶ際のポイントが見えてきたのでご紹介します。

1つ目は「予算」です。無料のものから月額課金制のもの、単発買い切りのものまで料金体制は様々です。ご自身の予算を出すことで絞ることができます。

2つ目は「自分の学ぶ分野・領域と学びたいレベル感が決まっているか」です。それぞれのサービスに強みの分野があり、初級レベルから専門的に学びたい方向けなど幅があります。初歩的なレベルを学びたいのにいきなり専門的な勉強が始まってしまうと挫折の原因にもなります。さらに、取り扱っている分野も広いのか狭いのかも確認する必要があります。

3つ目が「自分の学びスタイルに合っているか」です。
学習サービスには1人で黙々と勉強を進めるものやメンターがついてマンツーマンでみっちり指導してもらえるものやディスカッションや課題が出るなど講義以外のサービスがあったり、他の受講生とコミュニケーションが取れるものなどがあります。スキルや学位を取得することは「継続」が必ず必要なので、ご自身のモチベーションに合った学習スタイルを選ぶことが重要になります。

ここまでで、自分の
・費用
・学ぶ分野、学びたいレベル
・学習スタイル
が分かった方に様々なオンラインサービスを比較した結果、Udemyに向いている人はどんな方なのかご紹介します。

「できるだけ安くプログラミングを自分で学習したい人」です。
Udemyは単発買い切りのコンテンツで一度買うと何度でも見返すことが可能です。学習したい分野が決まっていて書籍ではなく動画で学びたいという人にはおすすめです。さらに安くしたい人に朗報なのがUdemyでは期間限定でセールをすることがあります。中には20,000円ほどする教材がセール時に1,000~2,000円になったりすることもあるそうです。

Udemyは14種類のジャンルからなり様々な分野を学べますが特にプログラミングのジャンルは種類が多く人気です。なので、プログラミングを学びたい人には特におすすめです。
完全にオンラインでの学習になるので、自分で進捗や学習の管理ができる人が特に向いています。初めて購入する際は不安に思うこともあるかもしれませんが、Udemyは購入から30日以内で連絡すれば返金保証もしてもらえます。これは初めての方でも安心しておすすめできますね。